本文へジャンプします

先輩の声

佐倉市南部地域包括支援センター

淑徳大学卒業 社会福祉士 平成17年度入職

社会福祉士の先輩写真2

質問「どんな仕事をしていますか?」

どんな仕事をしていますか?

地域包括支援センターの相談員として、主に高齢者の方を対象に、一人暮らしの方や体に不安のある方、経済的に困っている方、また虐待を受けていたり、金銭管理が難しい方など、さまざまな方のご相談を受けています。
また、介護保険のケアマネジャーとしてヘルパーやデイサービスなどの介護事業所や、病院・市役所の福祉課と連携しながら利用者の方の在宅生活を支援しています。

質問「この仕事のやりがいは?」

この仕事のやりがいは?

高齢になっても、住み慣れたところで生活したいという気持ちは誰もが持っていると思います。
その人がその人らしく地域で生活できるよう支援やお手伝いさせてもらえることに、やりがいを感じています。

質問「職場の雰囲気はどうですか?」

職場の雰囲気はどうですか?

私の職場は、主任ケアマネジャー・保健師・ケアマネジャー・社会福祉士の4人です。みなさん明るく、職場の雰囲気はとても和やかです。
仕事上の相談や話し合いも気軽にできるので、安心して仕事に取り組むことができています。

質問「施設の特徴は?」

施設の特徴は?

私たちのセンターは佐倉市より委託を受けて運営されています。
平成26年からは、障害者生活支援センターアシストと合同事務所となり、種別を越えた総合相談窓口としてさらなる地域貢献を目指しています。地域との繋がりを大切にして、高齢になっても障害を持っていても安心して生活できる地域となれるように、地域の人たちと一緒に考え、一緒に活動する、そんなセンターとなっています。

ページトップに戻る