本文へジャンプします

介護者のつどいで、施設見学をしました!

2018年7月12日

「カンタキ」という言葉、ご存知でしょうか。あまり知られていない言葉だと思います。高齢者施設の略称で、正式名称は「看護小規模多機能型居宅介護」と言います。「えっ何それ!名称が長いし、いったい何の施設なの?」 一言でいえば、「通い」「泊まり」「訪問看護・ リハビリ」「訪問介護」 「ケアプラン」の機能が一体化した、一人ひとりに合わせた柔軟な支援ができるトータルケアの事業所のことです。「病院⇔看多機⇔自宅」 医療と在宅を結びつける中間施設として、今後、地域の中で大きな役割を担っていくことは間違いありません。つどいに参加された皆様から「選択肢が増えることはうれしい。朝早い時間から夜遅い時間まで預かってくれることはありがたい」など、たくさんの声が聞かれました。食事の試食もさせていただき、短い時間でしたが、皆様満足された様子でした。今回ご協力いただきました「セントケア佐倉」の皆様、お忙しい中、ありがとうございました。 

セントケア佐倉 看護小規模多機能  https://www.saint-care.com/center/3485/

DSC_0286DSC_0283

次回の介護者のつどいは、9/20(木)「高齢者の薬に関する勉強会」を行います。

ページトップに戻る